オム豆腐でダイエット中の食事をハッピーにしてみませんか♪

ダイエット中にお腹が空いて、ダメって思っているのに
冷蔵庫をのぞいちゃったりすることってありませんか?
わたしの場合はわりと頻繁にそういったことが起こるんですけど、
先日ダイエット中の空腹感を紛らわすヘルシーな料理の作り方を教わりました♪

 

その名前は『オム豆腐』と言います。
オム豆腐というのは、オムライスの中身をライスじゃなくて炒めて火を通して
パラパラに崩した『炒り豆腐(いりどうふ)』にすることで
大豆タンパク質や大豆イソフラボンも摂れてカロリーはグッと抑えたヘルシーなお料理なんです♪

 

オム豆腐は、先ほどもご紹介した通りオムライスの中身のライスを豆腐に変えるだけという単純な料理なんですが、
豆腐の中の無駄な水分は飛ばしてしまいますし、
味付けも比較的控え気味でちょっとくらいなら食べ過ぎてもオーケーという食べ物ですので、
もし、ダイエット中にどうしても食欲がつらい!となった時はオム豆腐を作ってみてはいかがでしょうか♪

 

オム豆腐の用意するものと作り方

ではオム豆腐の作り方をご紹介します。用意するものは

  • お豆腐一丁
  • 卵2個
  • ケチャップ大さじ1
  • 塩こしょうお好みで少々
  • タマネギ4分の1個
  • パセリ(あれば良いですけどなくてもOK)

たったこれだけです。

オム豆腐の作り方

作り方としては、まず1番最初にお豆腐から水を切ります。

 

そして、中身の具材になる玉ねぎをオリーブオイルやごま油などで炒めます。
この時に塩胡椒で味を調節しながら炒めましょう。
玉ねぎを炒め終わったら、その玉ねぎをフライパンに乗せたまま
水を切ったお豆腐をフライパンの上に移します。
そして炒り豆腐(いりどうふ)を作る要領でお豆腐を崩しながら玉ねぎと一緒に炒めます。
この時にもう、少しだけお塩とコショウを足して(指先でつまむ程度)炒り豆腐を作りながら味を調節しましょう。
ここまでで、オムライスのライスがわりになるお豆腐を作り終わったら一旦別皿に移します。
そして卵を解きほぐして半熟になるまで焼きます。
半熟のとろみが残っているところまで焼き終わったら別皿に移してある炒り豆腐の上に乗せます。
この時に卵が上手に移し替えられない場合もあるかもしれませんが、あまり気にしすぎないように。
上手に移し替えることができなかったとしてもケチャップで隠すことができますからね。笑

 

そして、ケチャップで出来上がったオム豆腐の上に飾り付けをしてあげましょう。
またこの時にもしできればパセリを乗せるとパセリに含まれているポリフェノールが血流を活性化させてくれて、
調味料で撮った分の塩分を排出してくれたり、体が冷えないようにしてくれたりいろいろな効果が期待できます。
またパセリにはカリウムも含まれているためダイエット中の無駄な水分を抜いてむくみを改善することにも役立ってくれますよ。