腸内フローラを整えるチアシードとポリフェノールが摂れるチアベリースリム

『腸内フローラ』という言葉を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

腸内フローラを整えることが出来ると、健康面でとても良い効果があります。

 

それがひいては、美容につながると言うわけですね♪

そもそも腸内フローラってなに?

腸内フローラとは、腸内に存在する善玉菌と悪玉菌、そして中間的な日和見菌の3種類に分ける事が出来ます。

 

この3種類の菌のバランスは下の表をご覧いただくとして、腸内フローラを良くする効果は

  • 便秘解消
  • 免疫力向上
  • 美肌効果
  • 下腹ぽっこりが解消

直接的にすぐに感じられる効果としても、これだけの効き目が実感出来るんですよ。

 

通常の健康体の腸内フローラは

 

善玉菌

悪玉菌

日和見菌

 

この3つの種類の菌の『バランス』が大切と言われています。

 

腸内細菌は、体重の中で1kg以上を占めていると言われているんですよ。

 

ビックリしちゃいますよね?

 

ちょっと前までは腸内細菌の数は、全部で100兆個を超えるくらいと言われていたんですけど、それが最近の日本の研究で『300兆個』もの腸内細菌がいる事が分かったんだそうです。

 

しかも、太りやすいと感じている人は、腸内細菌の中に、『バクテロイデス』という短鎖脂肪酸という物質が生成されていて、それがある方は野菜や果物をしっかり食べる食生活さえしていれば、ちょっと食べ過ぎかも?なんていう食べ方をしても太らないんだそうですよ♪

 

この、腸内細菌のバランスを整えてくれる要素には

  • 食物繊維
  • 乳酸菌・ビフィズス菌
  • オリゴ糖
  • ポリフェノール

この4つが大きく関係していて、この条件さえ満たす事が出来れば、つらく感じるダイエットなんてしなくても『普通に生活していれば痩せる・体重を維持できる』という事になるんですよ。

 

食物繊維は、不溶性と水溶性の2つがあり、両方をバランスよく(不溶性2:1水溶性)で摂るのが大切です。

 

便秘改善になるのはご存じの方も多いと思いますけど、食物繊維じたいが腸内細菌のエサになるため、善玉菌を増やす働きも期待出来ます。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、摂ることでそのまま腸内細菌の善玉菌として働いてくれます。

 

そして、オリゴ糖は食物繊維と同じように、腸内細菌のエサになるため元気にしてくれますし、数も増やしてくれるんですよ。

 

また、ポリフェノールは抗酸化作用で血管の柔軟性と血液のサラサラ効果で基礎代謝を上げてくれて、ダイエット効果を1ランク引き上げてくれます。

 

この食物繊維とポリフェノールの両方の要素をあわせもっているのが、チアベリースリムなんですよ。

 

【合わせて読みたい関連ページ】
プチ断食ダイエットを成功させるチアベリースリムの食べ方